長い冬が終わり、桜のシーズン到来。この春、女性用風俗mutsugotoの営業も、ようやく通常に戻りつつあります

さくらの名曲。「ひゅるりら、ひゅるりら」といえばケツメイシ

4月になり、東京は満開だった桜がいよいよ散り始めましたね。
桜色が色濃くなりながらひらひらと花弁一枚ごと風に乗って動いている姿は、
趣があり本当に美しいと感じます。

さくらの名曲はたくさんありますが、僕は中でもケツメイシの「さくら」が好きです。

ヒカルです。

美術鑑賞再開!特別展「空也上人と六波羅蜜寺」を観に行ってきました!

新年度の4月は新しいことを始めてみようという気持ちになる方が多いようですが、
皆さんは何か始める予定はありますか(もう始めましたか)?

殺伐とした世の中だからこそ、気分一新、何かにチャレンジすることで
ネガをポジに切り替えることができそうですね!
全ての人が心穏やかに春を迎えることができたら・・・そう祈る気持ちでいっぱいです。

口から6体の阿弥陀如来が出ている、空也上人立像に感動!

僕は、趣味の一つである芸術鑑賞活動をようやく再開しました。
これまでオンライン予約絶対であった展示会も不要になってきているところが増えてきたため、
こちらに行ってきました。

空也上人と六波羅密寺

結論として、感動しました!
口から6体の阿弥陀仏が現れている立像は有名ですね。
実際に間近で観ると、当時の歴史的背景だけでなく、彼の当時の生活環境や
市井の人々のために寄り添う心の大切さを、また、六波羅密寺との関係を
自分なりの解釈で読み取ることができ、心が洗われる思いでした。

女性用風俗mutsugotoの営業も、ようやく通常に戻りつつあります

さて、コロナ禍においてオンラインを取り入れていたmutsugotoの営業もようやく
通常に戻りつつあり(オンラインも受付中です)、これまで自粛されていた方々とも
ようやく笑顔で再会できるようになってきました。

異性の肌に触れ、異性の温もりを感じること=生きていることを実感すること
はとても重要なことであり、女性が女性としての存在意義を確認できるところでもある
と確信しています。

パートナーがいる方もいない方も、僕たちと一緒にドキドキや楽しさや新鮮さを感じ、
また、一人の女性として大切に触れられる悦びを体感してください。

女性用風俗mutsugotoは、一人ひとりが「私らしさ」を発見する場所

あなたはこんなふうに感じたことはないでしょうか?

女性としての時期はもう終わった
セックスが気持ちよくない
不感症かもしれない
イッたことがない。イってみたい
男性の自慰の道具として扱われているように感じる

年齢や世代関係なく、女性として生きていることを、
生きている価値を是非見つけに来て下さい。

そして、一人ひとりの「私らしさ」を発見して下さい。

誰かに頼りにされながら、また、誰かを頼りにしながら、日々笑顔で過ごせますように。。。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG