酷暑対策

WBGTや熱中症アラートのチェックを

ヒカルです。
都内をパトロールしていると時々聞こえてくるワード、「暑い」「はぁ・・・」「疲れた」、街行く人が誰に話しかけるのではなく、心からの疲労感からでしょうか、自然に呟いている様子がうかがえます。皆さんは、如何お過ごしでしょうか?

7月になりましたね!
東京は6月終盤から7営業日連続の猛暑日、35度を超える暑さが続いています。

気象庁の過去気象データによると、これまで6月の東京の最高気温は、2005年6月28日につけた36.2度、次いで、1963年6月26日の35.7度が記録されています。

今年、その記録が更新されました。

6月30日 36.4度 (参考:6月29日35.4度、28日35.1度、27日35.7度、26日36.2度、25日35.4度)

まさに、異常気象と言えます。

今年の梅雨明けは6月27日に発表されたばかりですが、多くの方がこの異常ともいえる本格的な暑さに体が慣れていないため、特に女性の方は体調を崩す危険性が高いと言えます。

WBGT(暑さ指数)や熱中症警戒アラートをスマホでチェックしながら、空調の調節や、こまめな水分補給、適度な塩分の摂取、睡眠環境の充実など適切な対策・予防を継続していきましょう!

猛暑と読書と

僕は、このような猛暑の最中ですが、読書(漫画を含めてですがw)だけは止められません。

ここ最近は、「木曜日にはココアを」、「ブルーピリオド」「行動経済学ヘンテコノミクス」、「はたらく細胞lady」…他 を読みました。

特に、青山美智子さんの「木曜日にはココアを」は、心からほっこりする短編集で、とても好きになりました。
1話と2話、2話と3話・・・それぞれがリンクされており、全12話を読み全てが繋がっていることでその情景がイメージされ、それぞれ人と人の繋がり、人と人との愛や優しさを確認することができる素晴らしい内容で、一気に読み進むことができます。
僕は、数回読み直しましたが、毎回4話と5話を読みながら、自然と頬に涙が伝わってきたのを覚えています。
2017年の作品ですので、既に読まれた方がいらしゃると思いますが、まさに愛に溢れた優しいストーリーで、日々の生活で疲れた方には、是非読んでほしい作品と言えます。
また、集中して一気に読めるため、屋内外問わず、どの場所で読んでも暑さを忘れることができるのではないでしょうか・・・(温泉やサウナ、プールの中では読まないようにして下さい)。

最後に・・・
一番の酷暑対策は、僕らスタッフとお逢いすることかもしれません!
(誰も笑わないダジャレを言うことで南極基地のような空間が生じる、という意味ではないですから!)
厳しい暑さはまだこれからも続きますので、まずは皆さんが心身ともに健康でありますことを願い・・・。

最新情報をチェックしよう!

ヒカルの日常の最新記事8件

>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG