【女性のオーガズム】中イキできない女性は〇〇が足りない

【女性のオーガズム】中イキできない女性は〇〇が足りない

今日は中イキのお話です。

女性のオーガズムは、3種類に分かれます。

  1. クリトリス
  2. Gスポット
  3. 膣奥

①のクリトリスでイクのがいわゆる「外イキ」
②と③が、「中イキ」であると、僕は定義しています。

ムツゴトのアンケートによると、約6割の女性が、セックス、またはひとりエッチで、クリトリスでの「外イキ」を経験しているそうです。

一方で「中イキ」となると、その割合はグッと下がります。
ひとりエッチでもセックスでも、「中でイケない」ことに、コンプレックスを感じている女性は多いです。

前提として、僕は女性は100人いたら100人が、「中イキできる身体」を持っていると考えています。
「イキやすい」「イキにくい」「感じやすい」「感じにくい」などとよく言われますが、それは身体ではなくて、心、メンタルの問題であると思っています。

ある30代の女性、仮にTさんとします、が、中イキについて、興味深いことをおっしゃっていました。
「私にとって中イキはファンタジー、空想の産物です。イってみたい気持ちもあるけど、イクのが怖いという思いもあります」

実際、Tさんはイキそうになると怖くなってしまうらしく、脚を閉じたり、手で僕の指を跳ねのけたりしてきます。

好きなだけ、いっぱい気持ち良くなればいいのに、と思う一方、怖くなってしまうのも、多くの女性と接してきた僕にはわかる気がしました。

「一線を越えて、中でイッてしまったら、これまで守っていた「自分」が根底から壊れちゃいそうでイヤだ」
「自分の性欲を目のあたりにするのが怖い」

「中でイってみたい」と口にする女性も、本音ではこのような恐怖を抱いているのです。

逆に処女や、経験の少ない女性のほうが、先入観がない分、気持ちよさを素直に受け入れて、スルッと中でイケる方が多いように感じます。

中イキのためには、女性自身が、
「気持ちよくなることを、自分で自分に許可してあげる」ことがスタートラインなのではないかと感じています。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG