【アダルト相談室】ひとりエッチがやめられません(大学3年生Kさん)

【アダルト相談室】ひとりエッチがやめられません(大学3年生Kさん)

女性向け風俗、ムツゴトのカオルです。
女性のひとりエッチについて、ご相談をいただきましたので、お答えしたいと思います。

大学3年生のKさんのお話です。
「幼稚園くらいの頃から、ちょっと寂しくなったときなどに、性器をいじっていました。性的な快感というよりは、なんとなく落ち着くし、安心する感じがしていたのだと思います。
小学生の低学年の頃、触っているところをお母さんに見つかって、ひどく叱られました。
以来、これは悪いことなんだと思って、やめようと思ったのですが、やめられません。
特に高校生の頃からは、毎晩のようにひとりエッチをしたくなってしまい、私はなんてふしだらでいけない子なんだと自分を責めています。
ひとりエッチをした後は、強い罪悪感を感じて、お母さんに申し訳なく思います。
こんなエッチな自分が嫌いだし、気持ちが悪いと思います。
どうすればひとりエッチをやめられるのでしょうか?」

結論から言うと、ひとりエッチはまったく悪いことではありません。したいときに、したいだけ、気が済むまでして平気です。
また、そのことについて罪悪感や嫌悪感を覚える必要はありません。

何度かお会いする中で、Kさんに繰り返しこのようにお伝えしたのですが、Kさんはなかなか納得してはくれませんでした。
「ひとりエッチは悪いことではないよ、、」と口で説明したくらいでは、彼女の心にまったく響かないのです。
だんだんとKさんのことを知るにつれ、彼女が抱えているいろいろな問題が、「ひとりエッチ」と繋がっているとわかってきました。

僕は、「すべての女性は自身に性欲があることに、罪の意識を感じさせられている」と考えています。
旧約聖書には、イブが、蛇にそそのかされて禁断の果実、リンゴを食べてしまったため、神様に天国を追放されてしまうお話があります。いわゆる『失楽園』です。ユダヤ教には「イブが犯した罪は、その後生まれたすべての人類に及ぶ」という「原罪」の概念があります。
Kさんにとって、ひとりエッチは「原罪」なのだろうと思います。神様であるお母さんからダメと言われているのに、それを止められないことで、彼女はずっと罪悪感に苛(さいな)まれてしまっていました。

Kさんにはもう一つ悩みがありました。それは自分に自信が持てず、自己肯定感が極端に低いことです。
僕はKさんの「自己評価の低さ」と、「性欲に対する罪の意識」は繋がっていると感じます。

つまり、
●ひとりエッチがやめられない。そんな自分を嫌悪してしまう
●排卵日近くに、身体の奥から強い性欲が湧き上がってきて、エッチなことで頭がいっぱいになってしまう。
●こんなにエッチでふしだらなことが知れたら、家族も友人も私を軽蔑するに違いない。
●本当は誰かに理解して欲しいけれど、こんな罪深い私のことを理解して、救ってくれる人はいないだろう。

このように、Kさんは「エッチな自分への罪悪感」と、「とどめなく湧いてくる性欲」の板挟みに苦しんでいらっしゃいました。

僕の1000人を超える女性経験から、ひとつ確実に言えることがあります。それは女性の性欲は強烈で、多くの女性が性欲を持て余しているということです。

女性の性欲は、生理のバイオリズムに大きく影響されています。性欲が最高点になるタイミングとして、一番多いのは排卵日の前後です。その次は生理前。
「私は淫乱なのではないか・・」と自己嫌悪に陥ってしまうくらい、強い性欲を感じます。
エッチな想像をしたり、授業中や仕事中もそのことで頭がいっぱいで、我慢できずにトイレでひとりエッチをしてしまった、という話をよく聞きます。

男性の性欲に比べ、女性のそれはあまりにも過小評価されているのではないでしょうか?
女性が主体的にセックスを欲するなど、ありえないことだと、男性はもちろん、女性自身も、そのように自身の性欲を軽んじてしまっている。それが、Kさんをはじめとした多くの女性を悩み苦しませる原因なのではないでしょうか。

健康な女性であれば、性欲はあって当然です。
それは淫乱だとかはしたないということはありません。性欲が強いことを、恥ずかしく思う必要はまったくないのです。
ひとりエッチをするのは当然で、僕はむしろ、「ひとりエッチなんてしない」「性欲がない」という女性のほうが心配です。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG