女性が萌える乙女短歌

女性が本当に楽しめるアダルトとは

前回のブログ「男もすなるAVといふものを、女もしてみむとてするなり」をご覧いただいた僕のお客様からメッセージを頂きました。本当にありがとうございました。
ご本人の承諾を頂いたので、ご紹介させていただきます。

他にもこれがお薦めというサイトがありましたらぜひメッセージくださいね☆

Hさん(20代後半)からのメール

カオルさん、こんにちは。
前回の記事、大変興味深く拝見しました。

「乙女向け」というジャンルがあること自体知らなかったのですが、、なかなかおもしろかったです。特に、「乙女CD」はハマってしまいそう。いろんな作品を試聴したり、感想を書いたブログを拝見したりしたのですが、、本当に「女心」の核心をついてきますね。

この「あるある感」、隠しているものを、日の元にさらされる恥ずかしさ、照れくささ。カオルさんは男性だけど、、女性の心を熟知して?らっしゃるから、わかるのかしら?? さすがのカオルさんでも、わからないんじゃないかな、、なんて。

きっと女の人は(特に私は)、、視覚よりも、聴覚や言葉で「はぅ」っとなるんだと思います。
最初に男女の「それ」を知ったのが、小説や文学だったからかもしれません。
何がどうなっているかはわからなかったけど、、
男と女の間に立ち込める濃密な空気感だったり、、
相手を恋い焦がれる気持ちと、羞恥心と、
男という生き物に対する憐みと、、

ほんの少しの後悔がグネグネに混ざった感情が、私にとって「性」との出会いでした。
男の人みたいに、最初から視覚(ビデオなど)で入っていたら違うのかもしれませんね。

乙女CDを聞いていて、言葉で景色が広がる感じが、短歌に似ているなと感じました。
短歌ってすごく「女性のそういった気持ちの核心」をついてるように思います。
もしかしたら、カオルさんはこういうのお好きかもと思ってメールさせていただきました。私の好きな歌をいくつか紹介しますね。
私の勝手な解釈ですので、国語的には間違っているかもしれません。でも、自由なところが歌の魅力でもあると思うので、どうか失礼の段、ご海容ください。

辰巳泰子

乳ふさを ろくでなしにもふふませて 桜終はらす雨を見てゐる

ろくでなし男に乳を吸われながら、女のひとは窓の外を見ている。
窓ガラスには、ところどころ茶色く変色した桜の花びらが張り付いていて、、。
春のむわっとした空気感と、、ろくでなし男の体臭が混ざりあう。
景色だけでなく、体温や湿度、においまで伝わってくるよう。

河野裕子

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに わたしをさらって行ってはくれぬか

恋をすると、世界が一変する。
現状に不満があるわけではないですが、たまに、周囲の環境ごと、誰かにガサッと持っていかれたい! と思ってしまうことがあります。

夕闇の 桜花の記憶と重なりて はじめて聴きし日の君が血のおと

初体験を「初めて聴きし日の君が血の音」と言い換える、この感覚が素敵だと思います。
「君が血の音」は、抱き合っているときの心臓の音かもしれないし、
もしかしたら、男性自身が充血するのを、手のひらで感じているのかも、、といろんな妄想が広がります。

「ゆたゆたと 血のあふれてる冥い海ね」 くちづけのあと母胎のこと語れり

冥い海でゆたゆたと、、。
気持ち良くて、相手もどうでも良くなって、、内側に引き込まれていく感じ。。
私は勝手に、オーガズムのときのことかな、、と解釈しています。

鈴木しず子さん
元ダンサーで、アメリカ兵相手に春を売っていたそうです。
口の悪い人たちからは、娼婦歌人とさげすまれていたとか。

売春や 鶏卵にある手の温み

鶏卵は玉子つながりで、男性自身のことかな。
柔らかくて、あたたかくて、、愛おしい。。

夏みかん酸っぱし いまさら純潔など

「いまさら純潔ぶっても仕方がないわ」
強がっているけど、本当は誰より純で、照れ屋さんなのでしょうね。

以上乱文、長文失礼いたしました。
いつもブログ、ツイッター楽しみにしています。

またカオルさんとお話しできる日を楽しみにしております。

寒くなりましたので、ご自愛ください。

goyoyaku
お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。