「オンナ」であること、リピータ様からのご感想

女性向け風俗、前回のブログの感想を頂きました

前回のブログ記事はとても反響が大きくて、皆様からいろいろなご意見を頂きました。本当にありがとう(T_T)。
いくつか掲載させて頂きますね。

ブログ読ませていただきました。
私は親と同居しているのですが、母親は以前の記事にあったように年齢的にも?性的なことに対してはとても真面目というか、しっかりした考えを持っていてよくも悪くも古き良きを貫いているような感じがしました。テレビ番組等で素敵な俳優さんを見て、「〇〇さん格好いい」と思うことがあっても、性的な魅力があるからそう見ているのかどうなのかよくわからないですし、普段生活している中で性欲はほとんど感じていないかのようでした。(あくまで私の印象です)なので、私に彼ができたとしても、性的な話は最低限のことしか話さないだろうと思います。

20代のお客様から頂いたご感想

ブログ何度も読みました。読みながら涙が出ました。 今、私が思い悩んでいる事だったからです。主人とは子供が生まれて1年を過ぎた頃からセックスレスになりました。産後太りがすごくて痩せたら?とか色気なくなったよねとか言われて悲しかった覚えがあります。もうお母さんになったから女として見てもらえないのは仕方ないんだなと思って、子育てを一生懸命してその幸せで充分と思うようにしてました。子供が小学生になった頃夫婦生活が戻った時がありました。その時はまだ女として見てもらえてるって思って嬉しかったのを覚えてます。でもこれも数ヶ月の事でした。夫の誘いを初めて断った事があって、そしたら翌朝怒っていて2週間位口を聞いてもらえませんでした。その少し後から別々の部屋で寝るようになりました。誘われたら断る事も出来ない辛いセックスをするなら、もうフタをしてしまった方が楽な気がしてました。
そんな生活が続いていた時夫が急逝しあと数ヶ月で2年になります。

この1年数ヶ月はさらに女の自分なんて考えず、家と子供を守る為にずっと走ってました。知らないうちに心も体も限界になっていたんだと思います。毎朝泣いて目が覚めたり、仕事から帰って来て夕ごはんを泣きながら作ったりしていました。優しく抱きしめてくれる人が欲しいって思いはじめてました。いい歳をしてこんな気持ちになるのはおかしいのかもって思って、またフタをしようとしました。
でもその思いは膨らむばかりでどうしたらいいのかわからなかったです。夫が亡くなってそんなに経ってないのにこんな事友達にも相談できなかったし。そんな時にむつごとを見つけました。
最初に申し込んだ時は、私はホントに自分がおかしくなってしまったと思いました。自分の女の気持ちがこんなにも強く出ている事に戸惑っていました。
カオルさんにはじめて抱きしめてもらった時は、こんな事ホントにいいのかなって思いながら女になってる自分に戸惑ってました。

次にお会いした時は少し気持ちに余裕が出てカオルさんの腕の中で女で良かったなって思えました。神様っているかもって思えるほど私を救ってくれた出会いでした。それでもこの歳で子供もいてこんな気持ちになっていいのかなってずっと思ってました。
でも、今回のブログを読んで自分の女の気持ちを認めていいんだって思えました。そんな自分を好きになってあげようと思いました。
今からでも間に合うかな。
今の私はカオルさんの前でしか女に戻れないですけど、ステキな人がいつ現れてもいいようにオンナでいたいです。 感想と言うよりは聞いて欲しい事を長々と書いてしまいごめんなさい。

40代のお客様から頂いたご感想
goyoyaku
お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG