婚活パーティでライバル女子を凌駕?する秘密の方法

ベッドはリトマス試験紙。付き合う前に寝るべき理由

女性向け風俗と、婚活パーティでカップルになれる秘訣

このブログをご覧の女性の方で、婚活パーティに参加されていらっしゃるかたは多いと思います。

  • 見た目のいい人が絶対的にモテる。だから私には無理と諦めてしまっている
  • 男性からのアプローチがなかなか無い。どのように声をかけてもらったらいいのか
  • カップルにはなれるが、数回食事をしたらお終いということを繰り返している
  • 身長・年収などスペックはいい男性だが、本当に良い人なのかよくわからない

これまでいろいろな女性と接してきたカオルから、婚活パーティを乗り切るポイント(?)を書いてみたいと思います。
僕の結論は、小手先のノウハウではなかなか一生を託す男性を見つけて、さらに先に進めるのは難しい。セックスまで踏み込んで考えてゆく必要があるのではないかということです。

1.男性に対する壁を取り払う方法

男性から見て、声をかけ易い・なんとなく話しやすいという女性は、チャンスも多くなりますから良い男性をゲットする確率が高くなります。
愛想が良くニコニコしているのだけれど、無意識に男性をシャットアウトしている女性は多いです。男性が1m以内に近づいたら”ビクッ”としたり、身体のどこかが男性に触れるとすぐ引っ込めてしまう。男性はそのような雰囲気を敏感に察知するので、なんとなく会話も弾まないし結局カップルになれなくなってしまいます。

どうして、男性に壁を作ってしまうんでしょうか・・・。
以前お見合いパーティーを数多く手がけている男性から、「直近まで男性と交際していた女性の方が、最終的にカップルになれる可能性が高い」という話を聞いたことがあります。受付のプロフィールカードに交際歴を記入する欄があるそうですが、「半年前に彼と別れた」「半年前に離婚した」といった女性の方が、男性からのアプローチが多いそうです。彼が言うには、恋愛ブランクが長いと男性に対して壁を作ってしまって、フリータイムでも男性が話しかけては来るものの結局はカップルになれないそうです。

僕はお客様と接している中で、恋愛経験が少ない、あるいは処女の女性から、「男性からアプローチされるとガードをかけてしまう」という相談をよく受けます。
恋愛とか結婚を前提とした婚活では、どうしても「この男性とセックスするかも・・」ということをイメージさせてしまうからでしょうか。
男性経験が無ければセックスに踏み込むのが怖くて、二人きりで飲みに行ったときなどはガードが堅くなってしまいます。そのような態度は、男性から見ると「自分のことは好きではないらしい」「断られている」という印象を持ってしまいます。もし貴女はその男性のことが好きなのに、そのように誤解されてしまったとしたら残念なことですね。

それでは具体的にどうすれば、男性に対して壁を取り払うことができるのか?僕が考える解決策は以下の2点です。

  • 恋愛ブランクを空けないこと。
  • 出来たら、時々はセックスして男性と触れ合うことで女子力を上げておくこと

ムツゴトのバージンセッションをご利用いただいたから、「ずっといなかったのに初めて彼が出来た」「気になっていた男性から告白された」という嬉しいご報告を頂くことがあります。
女性の方はセックスが充実しているかどうかで、メンタル(気持ちが安定する、明るくなる)も外見(例えば肌や髪の艶など)も全く違ってきます。お化粧やファッションはもちろん大事ですが、内面から醸し出されるものは多いのです。
いま相手できる手頃な男性がいないという方は、ムツゴトのサービスを利用されてもいいでしょう。
普段から男性と肌を触れ合わすことが出来ていれば、男性に対する垣根が低くなるはずです。そして、婚活パーティーに参加している男性もあなたに声をかけ易くなるでしょう。

2.初対面の男性を見極める方法

結婚相手となる男性を少ない機会で本当に選んでいいのか、あなたは不安になりませんか?
婚活パーティでは表面的なプロフィール(身長、年収、職業、出身地、趣味)などは提示されますが、それ以上相手の素性はまったく判らないのが実体です。職場や普段の友人関係での出会いであれば、周囲の知り合いからそれとなく第三者的な意見をもらうことが出来ますが、お見合いパーティではそれも難しいです。

いいなと思う男性がいても、本当の性格や考え方は判らないものです。話が合うかどうか、趣味やフィーリングが合うかどうかは重要だけど、それは最初のうちだけです。一緒に暮らすために趣味が同じでないといけない訳ではないです。なぜなら、お互いの領域を尊重しながら長く続けれはいいわけですから・・・。
ムツゴトで出会うお客様と会話していて僕が気になるのは、結婚したあとで豹変してしまい女性にストレスを与える男性が結構多いんだなと言うことです。もちろん夫婦になれば、我が儘を言ったり、奥さんに頼ったりすることは多少あるでしょう。僕が言っているのはその程度変化ではなくて、奥さんに対してモラハラやDVを働くことです。友人の心療内科医と会話していたときに彼女が言っていたのですが、身内(家族や奥さん)に対して、支配的、あるいは暴力的に振る舞う男性は、外ではいい旦那さんやお父さんを装うことが多いそうです。
結婚できればいいと焦る気持ちがあるかもしれませんが、一度結婚してしまえば簡単には離婚できないわけですから、やはり慎重にあるいは総合的に判断して結婚相手は決める方がいいと思います。

じゃあどうすればいいのでしょう。

3.僕は男性をチェックする最終的な判断はセックスだと思います。

どんなに表面を取り繕っても、欲求が先に走ってしまうから、セックスすればどんな男性なのかある程度判断することが出来ます。普段は優しいのに、セックスになると人が変わったように乱暴になる男性もいます。痛がっていても最後まで無理矢理押さえ込んできたり、自分が射精したらさっさどあなたには興味を失って寝てしまったり・・・。
婚前交渉は良くないとか、結婚してからセックスすべきだとおっしゃる人もいるかもしれませんが、僕はある程度良いなと思った男性がいたら早めにセックスして見極めるべきだと思います。もちろんセックスしたらあなたに興味が離れてしまうかもしれませんが、それはその程度の男性だったということです。早く判って良かったと言うべきではないでしょうか?

よかったら女性の皆さんのご意見をお聞かせください。こちらのブログでもご紹介させていただきます。

goyoyaku
お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG